どうも~ぱすたです!

twitterで、エアガンのエアの量は飛距離に関係あるの?
というツイートを見かけたので、それについて書いていこうと思います。

まず私の結論ですが、
初速とホップの回転が同じであれば、飛距離は変わらない。

以上です。
ただしエア多すぎや少なすぎは単純にまっすぐ飛ばなかったり初速が落ちたりするので、
悪影響はあるかと思います。

エアが多ければ多いほどエネルギーが落ちにくい…とか
弾の周りに空気の膜ができて、空気抵抗を減らす…だとか

このあたりの話はオカルトだと思います。

というのも、エアガンに色付きのガスを入れて、どこまでエアが残るのか実験した方が
むかーしいらっしゃったのですが、結果は10センチ程度でした。
つまり、伸びてもその程度だという事です。
ソース探しましたが見つけられなかったので、ご存じの方はご連絡ください!

ではなぜそのような話が出てくるのかというと、
未だに流速オカルトの話が尾を引いているのと、メーカーやショップがしっかりと検証せずに仮説だけでパーツを作ったりしているからです。

昔私も、エアが多い方が飛距離が伸びたり着弾が早いのか実験するために、
・エアを減らしたdsg仕様 
・エアを増やしたフルストローク仕様

こちらの二丁を用意し、その他の条件をほぼ同一に揃えて、同じ弾道になるようなホップ調整で初速が90になるように調整して無風レンジでとなりにならべて同じタイミングで蓄光弾をうってみたことがあります。

結果は、
同じ弾道で、同じタイミングで同じところに着弾しました。何回やってもほぼ同じです(蓄光弾なのでブレはありましたが)

エア量が倍近く違うのにほぼ同じ結果‥
これをすこーしシリンダーを薄くしてエア増やしたくらいで効果あると思いますか?

私は思いません!笑

水平飛距離が伸びるという意見もあるので、
気になる方は是非試してみてくださいね!


ではでは〜
スポンサードリンク