ぱすたのエアガンカスタム3分クッキング!

★リニューアルしました★ カッコいいエアガンのことや 電動ガンのカスタムについて ゆるーく語ります!



どうもーぱすたです!

今回はたまーに話題になる、弾速計のお話をしていきたいと思います。

夏場は特に、ガスガンなど比較的初速があがりやすく不安ですよね!!

そこで、弾速計にどのくらい差がでるのか書いていきたいと思います!

マニアックですが、結構弾速計って好きでいろんな種類試してるんですよね…!
中身分解してみると、ロットによって中身全然違くて液晶に互換性なかったりします笑

まず、簡単に結論ですが
クローニー以外の弾速計はほぼ同じで変わりません。

検知方法もほぼ同じですし、中身も同じくらいなので、数値はほぼほぼ変わらない印象です。
並べて測ったのは…
ACETECH 高精度弾速器 AC5000
エーステック(ACETECH)




これと、エクスコーテックの旧型はほぼ同じ値が出ます。

あとは各社毎のマージンの取り方ですね。
クローニーなどの実際の数値と比べると3〜4ちがうみたいです。
これは弾速オーバーにならないようにある程度マージンとってるからなんですよね。

では、家で測るのとフィールドで測る時に初速が違うのはなぜだと思いますか?

答えは簡単で、

環境が大きく違うからです。

エアガンは気体で弾を発射するため、気温や湿度や気圧に大きく影響を受けます。
使ってる製品もゴムで機密を取っていたり弾を保持しているので尚更ですね!!

なので家で大丈夫でも、フィールドではアウトなんてことはよく起こります。

なので、なるべくギリギリにセッティングしないのが安全かなと思います。

弾速計を過信しない

これが重要なんじゃないかなーと思います。

弾の入射角が変わるだけでも初速かわるので、個人的に安全マージンは必須だと思ってます。

違法銃にならないためにも、弾速の管理はサバゲーマーには必須ですね!

最後にですが、ショットガンに関してはエーステック系の弾速系だと以上な数値になったりします。

なので、コチラがおすすめです。

フィールドでの採用率も多いですしね!!

ついでにショットガンなどの同時発射系は、複数発射と単発で初速が大きくかわるので、そちらも要注意ですね!!

ではでは〜


どうも~ぱすたです!
電動ガンのオススメランキング更新しました(2020年10月12日更新)
今回から評価を細かくしました!

1位 リヴァイアサン
導入し易さ A
性能 A
設定 SS
値段 17,000~
対応機種 バージョン2 EVO3
りヴぁ

とにかく使いやすくわかりやすいです!
最近流行りの光検知ではなく物理スイッチです!
スマホアプリで簡単にセッティングを変更でき、
性能も申し分なく、価格も安いしおまけに専用トリガー付き!!
対応機種は今後も増えていくでしょうし、導入も楽なので、
広まること間違いなしですね!
同メイカーの旧型FCUはブラシレスモーター動きませんでしたが、
こちらはバリバリ使えます!

2位 タイタン
導入し易さ A
性能 S
設定 S
値段 15,000~25,000
対応機種 次世代 バージョン・3 
2位はタイタンです。リヴァイアサンとかなりいい勝負だとは思いますが、コストと設定のしやすさなどで、個人的にはリヴァイアサンを評価します。
しかし、光検知タイプを使いたいか物理でいくのかの二択なのかと思います。
こちらも専用ケーブルでPCやアンドロイドのスマホにつないで設定可能です。
DSGでプリコックを狙うようなカスタムだとかなり技術が要ります。
ファームウェアによって動作がかわったりするので、PCで更新しておきましょう!



3位 陽炎二型シリーズ
FullSizeRender


導入し易さ C
性能 S
設定 A
値段 21,000
※ブラシレスモーター が非推奨になりました

3位は不知火商店様の陽炎二型シリーズです。現状の電子トリガーではレスポンスを求めるなら一番ハイスペックでしょう。トリガーの感度設定からハイセッティング用の設定まで、かなりの設定が可能です。コンピューター自体はおそらくタイタンの方が優秀ですが、陽炎はセンサーが1つで計算が早いようです。ただ、組み込みは難しいです。慣れていないとセクターの検知スイッチを破損させてしまうので要注意!
光の検知系(セレクター)に個体差があるので、自信のある方は使ってみるとよいかもしれません。
最新版では、外光の誤作動対策やプリコックの簡易解除機能もついてたりと、さらにユーザーフレンドリーになりました!!

いかがでしたでしょうか?
最近は電子トリガーはかなり増え、
超低コストの電子トリガーや廉価版モデルなど、多種多様な電子トリガーが登場しました。
また、電子トリガー搭載型のモデルも主流になりつつあります。

どんどん情報更新していきますので、期待せずにお待ちください!

ではでは~





どうもーぱすたです!

最近カスタムネタ全然なかったので、たまにはカスタムネタ書いていきたいと思います笑

最近、アウトドアでもインドアでも、静かな銃がプチブームですが、そこで気になるのが

ギアノイズ⚙

ですね‥

ギュンギュンとかじゃりじゃりとか‥

なるべくこれを減らしていきたいですよね!

解決方法は2通り考えられます。


解決方法①
根本的解決 

ギアの無い銃を使いましょう!!
簡単ですね。電磁弁とか固定ガスとか使えばいいんです。わざわざ電動ガンにこだわる必要はありません。視野を広く持ちましょう。
もしくはヘリカルを使ったり、dsgでプリコックして作動時間を短くしたりなどの構造的解決をしていきましょう。

解決方法②
現状のブラッシュアップ

とにかく綺麗に組んでいきましょう。
電動ガンにも、勿論必要なギアの噛み合いとそれに伴うギアノイズはあります。例えば静かにしたいだけならピニオンギアをかみあわせずに空転させれば音は静かになりますよね。勿論それでは発射できませんが。ですので、安定して動作して、その上で無駄なノイズの少ないラインを見つけて組みましょう。
基本が大事です。

メカボの周りに綿をつめたり、吸音材を敷き詰めていくのは、この2点を解決してからです。

逆に、基本さえできていれば静かになるはずなんです。



こんな感じですね。

別に消音効果を狙ったパーツを組んでいるわけではありませんが、ギアノイズはかなり少ないと思います。

皆さんも試してみてくださいね〜

ではでは〜
クリック、応援お願いします(o^^o)↓



↑このページのトップヘ