ぱすたのエアガンカスタム3分クッキング!

★リニューアルしました★ カッコいいエアガンのことや 電動ガンのカスタムについて ゆるーく語ります!



どうもーぱすたです!

タイトルからして、カスタムかんけーねーじゃんって感じのお話ですが、これがまた非常に大事なお話です。
サバゲーでヒットを取りたいって気持ちは、基本的には誰でも同じだと思うんですけど、どうしても銃本体に目がいきがちですよね?

上手い人が使ってる銃がよくみえてしまうのはあることですし、実際私もかなり銃の方を見てしまいます‥

強い銃を使ってるからヒット取れる‥
たしかに、上手い人になってくると銃で差が出てくるのは事実ですが、自分の愛銃も実はいい子だということを、初心者の方には是非知ってもらいたいです!

というのも、エアガンは根本を見るとBB弾を飛ばすための補助装置で、飛ぶのはBB弾なんですよね!
勿論、カッコいい銃はテンション上がりますし、あくまで仕組み的な話ですが。

なので、どうしても見落としてしまうのが、BB弾なんですよね!!

・弾が散ってしまって当たらない
・うまく給弾されない
・真っ直ぐ飛ばない

これを銃のせいにしてしまっていませんか?

強い銃が欲しい!
純正じゃ使い物にならない!

昔はたしかに劣悪な中華エアガンに溢れていましたけど、今は品質があがっていて、基本的に初めに買うであろう銃は真っ直ぐ飛ぶし給弾もするんですよね(マニアックなものだと例外あり)

ということは、給弾不良や弾道不良で疑うべきは、

BB弾

なんですよね!!

よく、カスタムするのに弾はケチって安いものを買ってしまったり、袋を空けてからしばらく経ったものをつかったりしてしまう方がいますが、

BB弾は劣化します。

バイオでないものも、弾のワックスが飛んだりしてしまうので、基本的には新品を使うのがいいと思います。

ですので、メーカー推奨品のBB弾を使うのが良いかと思います。

推奨の弾がなければ、細かい差はありますし、こだわるとキリがないですが、大手メーカーの新品の弾を使うのが1番無難だと思います。

この辺りが無難ですね。

弾の重さは悩みどころですが、0.2〜0.25までなら基本的には対応すると思いますし、フィールドのルールでもこの辺りが一般的だと思います。

大手の銃でメーカーの指定の新品の弾、純正マガジンを使えば、よほどのバットコンディション(酷暑とか雨とか)でない限りは問題ないかと思いますし、なんなら下手にいじった銃よりよっぽど使いやすいと思います!

それに、この使い方ならメーカー保証が受けられますし、安心して使えるんですよね。

エアガンで1番重要なのは、
狙ったところに狙ったタイミングでしっかりと撃てることなので、給弾不良が起きてしまってはせっかくのチャンスが無駄になってしまいます。

ですので、カスタムを考える前に、自分の使っている弾を見直すのが大事だと思います。

そして、カスタムする前に、
ビフォーアフターが確認できるように、動画を撮っておくことをお勧めします!

どうしてもカスタムすると良くなったと思い込みがちなので、これはとても大事なことです。

愛銃のカスタムはとても楽しいですが、その前に素の性能をよく知っておきましょう!

あなたの愛銃は案外すっぴんでも美人かもしれませんよ?






どうもーぱすたです!

サバゲー業界に未だに根強く残るオカルトカスタム
業界人だと、あまりきつい事を書けない裏事情があったりなかったりするので、明らかにならない部分が多いのかもしれません。

ただ、せっかくサバゲーをはじめたいと思ってくれた人ががっかりしてしまうのは、長いことサバゲーをやっていた我々からするととても残念なことなので、どうすればインチキを回避しつつ、楽しいサバゲーライフが送れるのか、書いていきたいと思います。

まず、カスタムする前にやることは、
メーカー推奨の状態の新品の動画を撮っておくことです。

フィールドに行けばシューティングレンジがありますので、そこで撮るのが良いでしょう。

注意点としては、
・なるべく弾やマガジンは純正品か推奨品を使うこと
・ホップ調整はスタッフさんに頼んでしっかりと適切なホップに調整すること
・酷暑や極寒の日は避けること(銃の調子はでませんし、ついでに自分もキツいですよ)
・できれば外の風の少ないレンジを使う

これをしっかりしてから撮影しましょう。

ホップ調整は好みがありますが、
どんなにいい銃であろうと適正なホップなら40m真っ直ぐ浮き上がりが無く飛ぶのが限界なので、あまり強くかけすがないようにしましょう。

ですので、30m狙える範囲で充分だと思います(インドアは10〜20mであれば十分です)

そもそもそんなロングレンジを使う場面ってサバゲーじゃ少ないですし、積極的にヒットを取りたいなら前にでないとダメですしね‥

実はエアガンの飛距離って、どんなにあがいてもホップを強くして初速を上げるくらいしかあげる方法ないんですよね。

凄くよく飛ぶという銃に関しては、ホップが強いか、重い弾を適切に飛ばせてるかのどちらかくらいしかないんです。(弾が重くても限界はありますけど)

重い弾はレギュレーションで使えるフィールド限られてますし、水平の飛距離はほとんどかわらないのが現実です。初速もギリギリは危険なので、上げても0.2換算で90前半が無難なラインですし。

話は脱線しましたが、メーカー推奨の状態で動画に残しておくのはとても大事なことです。

不思議なことに、これをやってる人がほとんどいないのが、今のサバゲー業界の現実です。

サバゲーに限らず、比較検証する際って必ず同一条件でのテストって行いますよね?
それと全く同じです。

こうしておけば、カスタムした際に差をきちんと実感できますし、万が一劣悪なカスタムをしてしまった場合でも証拠として残ります。

最後になりますが、カスタムって結局自己満足なことが多いので、自分で納得できるものであればいいと思うんですよね!
なので、自分を納得する材料を増やすという意味でも、しっかり前後比較することがとても大事なことだと思います!



こんにちはぱすたです。

ブログのドメイン更新をすっかり忘れていて見れなくなっておりました…
が、復活です!!!

twitterでは時々書いていましたが、
エアガンのカスタム&パーツって…

誇大広告多すぎません?

70mフラットだとか高耐久(何と比べてだよ)みたいなものがすごく多いと思います。

誇大表現が一番多いのがエアガンの飛距離についてです。
先に結論から言いますが、

飛距離がすごいって思っているであろうエアガンは、ただただHOPが強いだけです。

とっても簡単なことですけど、法律で限界値が決まっている以上、
それを超えた魔法のカスタムなんてないですし、ありえません。
三年間、70mのシューティングレンジで撃ってましたけど、
50メートルフラットですら、物理的に不可能ですよ。

そもそも何度も言ってますが、定義があいまいだからいい加減なことになるんです。
浮き上がり何センチ…とかではなく、なんとなく飛んでいるようにみえる…とかでショップですら判断しているのは大問題だと思います。

まあ、そもそも距離を偽った詐欺動画に関しては、弾の着弾スピードで大体わかってしまうので、その点某ショップさんたちは動画消したほうが良いと思いますよ。

エアガンの限界飛距離の考察はシキノさんのシキノートや、凸砂カズさんのYouTube見てみてください。

流体力学云々とか言い出す人がいますが、大学時代にわざわざ理系の大学の友達を通して確認しました。
結論は、
発射機で飛距離なんてほとんど変わらないから弾を加工すれば?

です。

加工するなら、ゴルフのようにディンプルボールですかね?
ディンプルについて➡リンク

つまらない話ですが、これが真実で、もう揺らぎようのない事実なんですよね。

そもそも、飛距離が流体力学云々ですごく伸びるなら、大手のエアガンメーカーがやってますという簡単なお話なんですね。

そんなに飛距離が大事だと思えないですけど、遠く狙いたいなら射角つければいいんじゃないですかね?

ホップなんて好みなので、好きにすればいいと思いますが、
消費者を欺くような書き方をメーカーがしてしまうのはどうかと思います。

個人が個人の楽しみで、夢を見るのは大いに結構ですし、
強いホップの利点を活かせるというならそれも大いに結構だと思います。


ただ、それで商売してしまったらへたすれば違法になりますよっていうお話です。

ちなみに、適正ホップで適正初速にするのはいたって簡単で、シリンダーとインナーバレルの調整をすればいいだけなのですが、流速とかたいそうな名前が先歩きして、さらにそれ用のパーツが出ていたりと…

至近距離は完全に諦めて、鬼ホップで遠距離を狙ったりするのも楽しみの一つだと思いますし、
個人の楽しみは全く否定する気はありませんのであしからず。

サバゲーはじめて今年で10年目ですが、
まだまだこういうインチキオカルトが多くてげんなりします。

どうにかならないもんなんですかね…
クリック、応援お願いします(o^^o)↓






↑このページのトップヘ