ぱすたのエアガンカスタム3分クッキング!

★リニューアルしました★ カッコいいエアガンのことや 電動ガンのカスタムについて ゆるーく語ります!

どうもぱすたです!

秒間100発計画をむかーしからやっていたのですが、
最近、別に電動にこだわる必要ないんじゃないかな…と思うわけなんです。

もっと効率よく、壊れない機構を使ったほうがいいですよね?

そこで電磁弁です!
どちらにせよ、マガジンがネックにはなるのですが、
とりあえず電動ガンよりは幾分マシに動かせるとはおもうんですよね…

電動ガンで破損リスクで考えると、
駆動系の消耗、電装系のダメージと、
どのパーツも高くついてしまいます。

しかし、電磁弁ならそこはノープロブレムですね…!

というわけで、
・秒間100発
・軽くて短い
・電動給弾
・静か
・ハイレスポンス
・弾道は次世代

これを詰め込んだエアガンを製作中です。

と、いっても
私にできる限界をはるかに超えているので、
加工技術のある某氏にいろいろ相談しながら製作を依頼しているわけなんです。

ただ、電動でもやっぱり100発超えたいなあとも思うわけで、
今回のモノが完成したら、次は電動でチャレンジしていこうと思います!

最近はセミオート戦が主流で、ハイサイクルの需要はあまりないですし、
フルオート戦でもあまり意味はないかもしれませんが、

ハイサイクルってロマンだと思うんですよね…!!

現実的に運用するなら30~35もあれば制圧力は十分な気がします。
ブッシュ貫通できればそれで充分なんですが、
やっぱりレンジで沢山弾をうちたい…という自己満足です…

電動で極端なサイクルを目指して且つ初速を維持するとなると、ギア比が難しいですよね…
10:1で6枚歯のDSGは70クラスまではいけると思いますが4枚歯DSGだとギア比を落とし過ぎるとM140クラスを引くことになるので逆にサイクルを出しずらかったりとむずかしいんですこれが…
給弾問題をクリアしてもマガジンが追い付いてこなかったりするし、なかなか難しいですね…

苦労してまで組むものなのか悩んでしまいますw

サクッと組むならコチラ→お手軽DSG

他にも変な銃()を沢山組んでいきたいなーと思うのですが、
やはり時代は電動消音銃でしょうか?

どこにパラメーターふっていこうか、悩みどころですね!

どうも~ぱすたです!

twitterで、エアガンのエアの量は飛距離に関係あるの?
というツイートを見かけたので、それについて書いていこうと思います。

まず私の結論ですが、
初速とホップの回転が同じであれば、飛距離は変わらない。

以上です。
ただしエア多すぎや少なすぎは単純にまっすぐ飛ばなかったり初速が落ちたりするので、
悪影響はあるかと思います。

エアが多ければ多いほどエネルギーが落ちにくい…とか
弾の周りに空気の膜ができて、空気抵抗を減らす…だとか

このあたりの話はオカルトだと思います。

というのも、エアガンに色付きのガスを入れて、どこまでエアが残るのか実験した方が
むかーしいらっしゃったのですが、結果は10センチ程度でした。
つまり、伸びてもその程度だという事です。
ソース探しましたが見つけられなかったので、ご存じの方はご連絡ください!

ではなぜそのような話が出てくるのかというと、
未だに流速オカルトの話が尾を引いているのと、メーカーやショップがしっかりと検証せずに仮説だけでパーツを作ったりしているからです。

昔私も、エアが多い方が飛距離が伸びたり着弾が早いのか実験するために、
・エアを減らしたdsg仕様 
・エアを増やしたフルストローク仕様

こちらの二丁を用意し、その他の条件をほぼ同一に揃えて、同じ弾道になるようなホップ調整で初速が90になるように調整して無風レンジでとなりにならべて同じタイミングで蓄光弾をうってみたことがあります。

結果は、
同じ弾道で、同じタイミングで同じところに着弾しました。何回やってもほぼ同じです(蓄光弾なのでブレはありましたが)

エア量が倍近く違うのにほぼ同じ結果‥
これをすこーしシリンダーを薄くしてエア増やしたくらいで効果あると思いますか?

私は思いません!笑

水平飛距離が伸びるという意見もあるので、
気になる方は是非試してみてくださいね!


ではでは〜

どうもーぱすたです!

あんまり需要が無いと思いますが、
なんとかサクッと秒間60級のハイサイクルを、お手軽に組めないかなーと思い、
レシピに落とし込んでみました。
他にもやり方は沢山あると思いますし、最適解ではないのかと思いますが、
比較的簡単にイケルであろうレシピを公開しますので、ご参考までに…

ベース:お好み

メカボ:レトロアームズ


メカボは割れ対策で強度のあるものをお使いください。

FCU:陽炎、TITAN、リヴァイアサン
FCUはお好みですが、TITANは完全非接触なのでおススメです。



モーター:ロネックスA1+ 

ピニオンは変えることを推奨します。
ロネックスA2や、他のネオジム系でもいいかと思います。
今回は11.1v想定なので、しっかり慣らしたうえでお使いください。

ネオジム系オススメ



ギア:純正+DSG(もしくはピニオンをヘリカル)


DSGは引き側と解放側をそれぞれ1枚カットで、
音にもこだわるならヘリカルを採用してもいいかもしれません。若干サイクルに影響すると思いますが…

軸受け:ボールベアリング (セクターのみメタル )





セクターは高負荷のため、セクターのみメタルでもいいかもしれません。
ベベルは高回転なのでボールベアリング推奨。

ピストン:レトロアームズorSHS


レトロの方が軽いですが、SHSのがタフです。
自信があればレトロの裏側を削るとピストンセットで20gきれるのでピストンスピードを稼げます。
必要な歯の数に削るといいと思います。

ピストンヘッド:側面吸気

シリンダーヘッドのゴムへのダメージを減らすべく採用。
お好みでどうぞ

タペットプレート


ここは諸説ありますが、高さ6ミリでタペットスプリング2巻きカットで4枚歯DSGでも閉鎖間に合いました。色んな説があるので、試してみてください。メカボの潤滑性に依存します。
引きしろは詰めすぎると給弾しませんのでご注意ください。
精度の良い物を必ずお使いください。(マルイとかレトロとかライラですかね)

メインスプリング:M130~M140 
AOLS AEG 不等ピッチ メインスプリング M130
エアソフトオンラインショップ(AIRSOFT ONLINE SHOP)


メーカーによりますが、インナーバレルをタイトにして初速を稼げば、
M130 クラスで十分かと思います。

シリンダー:加速 クルツ用


シリンダーヘッド:純正+AOE or SLONG等

AOEは好みですが、取りすぎると初速が出ないので、
お好みでゴム版を2~3mm貼る程度に抑えておくといいと思います。
メタル系はメカボが割れますので、使う場合は強度のあるものをお使いください。

インナーバレル: 208 内径6.01


タイトバレルで少しでも初速を稼ぎます。

パッキン:硬め&長掛け
ノズルでの変動とパッキンの戻りのスピードを重視します。




外で重量弾を使って吹っ飛ばすならこちらですかね?
押しゴムは弾性がありつつ固めがいい感じです


フル重視でフラット化もありです。





性能目標値
サイクル 55~63rps
初速 85~90

サイクルはバッテリーに大きく左右されますので、できるだけ良い物をお使いください。

組み込みの丁寧さや、技術で大きく性能に差は出るかと思います。
あくまで、1例として参考になればと思います。

ではでは~

↑このページのトップヘ